健康を手に入れてキレイな人になろう

感染拡大させない

性病感染、これからは低年齢化していきます。

性病検査をすることには、抵抗を感じる人もいることでしょう。しかし、日本で一番多いクラミジアという性病に完成している人は、国内で100万人とも言われ、決して珍しい病気ではありません。性病検査を受ける人は年々低年齢化し、クラミジアに関して言えば10代から20代の若年層に広がりを見せています。 今後も性病感染の低年齢化が見込まれます。実際にセックスに及んでいなくてもキスやオーラルセックスなどで感染してしまうこともあるので性病と気づかなかったり、無症状のまま感染していたりするので性病検査を行わない人がいるのも感染が広がっている一つの原因となっています。 軽症で終わるといわれているためあまり怖がられていませんが、女性が感染した場合は不妊症や子宮外妊娠の原因となることもあります。

性病検査を受ける際の注意点

不用意な感染を防ぐためにも性病検査を勇気をもって受けることが大切です。性病検査は、保険所や病院で受けられますが、その際注意することがそれぞれにあります。 まず、保険所では無料で受けることができ、匿名で受けることができるので比較的気軽に受信ができます。しかしデメリットは、日時が限定されてしまうこと。忙しい人には不向きで、また受けられる検査の種類も限定されているので、しっかり調べておきたい人には注意が必要です。 病院で受診する場合はしっかりと検査することができるので安心。また、時間も病院があいている時間であれば大丈夫なので比較的フレキシブルです。しかし、思いのほか高額になってしまう場合もあります。それに秘密は守られますが、病院内で知人に会ってしまうことも考えられるので、その点では注意が必要だったりもします。