健康を手に入れてキレイな人になろう

気づきにくい病気

睡眠時無呼吸症候群の基礎知識

「睡眠時無呼吸症候群」という病気は、近年ニュースやテレビ番組などでとりあげられることが増え、多くの人が一度は耳にしたことがあるでしょう。 睡眠時無呼吸症候群とは、眠っている間に呼吸が止まる病気で、10秒以上の無呼吸状態が一晩のうちに30回、または1時間あたり5回以上あるものと定義されています。 睡眠時無呼吸症候群の厄介なところは2点あり、1点目は自分で自覚しづらい点にあります。睡眠中に無呼吸状態になり、息苦しさで目覚めることもありますが、ほとんどのケースは自分で気づけず朝起きてからなんとなく寝不足と感じる程度です。 もしも夫婦で寝室が同じ場合、相手の呼吸が止まって苦しそうにしたり、イビキによって気付くことができますが、1人暮らしの人はなかなか自覚できないでしょう。 2点目の厄介なところは、起きて日常生活を送っている間に様々な悪影響を及ぼしてしまう点です。 例えば日中に突然強い睡魔に襲われたり、注意力が散漫になって事故に繋がるケースもあります。また睡眠不足が続いて体に負荷がかかり、高血圧など生活習慣病になるリスクも高まります。 睡眠時無呼吸症候群は誰にでもなる可能性がある病気なのです。

検査と対処法について

では睡眠時無呼吸症候群の疑いがあった際、どう対処していけば良いのでしょうか。 まずは病院にて検査を行い、睡眠時無呼吸症候群かどうか診断を聞きましょう。 検査は睡眠時の呼吸状態を調べるため、病院に一泊しての検査となることが多いです。腕や頭にバンドを巻いて調べるので痛みのある検査ではありません。 検査にて睡眠時無呼吸症候群と診断されれば、マウスピースのような歯科装具を作成して治療を行ったり、鼻マスクを着けて治療を行うことがあります。 しかし、これらの治療法とあわせて自分自信で工夫できることもあります。 まずは睡眠時の姿勢を変えてみることです。仰向けに寝ると重力の関係で舌の付け根が気道を塞いでしまうことがあります。なので横向きで寝ることを心がけてみましょう。 そして生活習慣を変えることも大切です。 睡眠時無呼吸症候群の患者には肥満が原因となっている人も数多くいます。 適度な運動で減量を心がけたり、アルコール摂取を減らすのも効果的です。